岸田晶子さんのリサイタル。

akikok07b.jpgフランスから帰国して活躍している岸田晶子さん(ヴァイオリン)のリサイタルで伴奏させていただくことになりました。

2007年9月7日(金) 19:00
アミュゼ柏 クリスタルホール

:: プログラム ::
モーツァルト: ヴァイオリンソナタ K.305 A-Dur
シューベルト: デュオソナタ Op.162
杉野真理子=チャイコフスキー: ロミオとジュリエット
フランク: ヴァイオリンソナタ

詳しくは画像をクリックしてください。チラシをPDFでご覧になれます。
(Adobe Reader®をお持ちでない方はこちらからダウンロードできます。)

東京藝術大学を卒業後パリに留学してA.ブルシロフスキー氏のもとで研鑽を積んだ岸田晶子さん。
留学中に江藤俊哉ヴァイオリンコンクールで3位に入賞し、2004年に帰国してバリバリ活躍しています。
知性と繊細さとイケイケな雄弁さが共存する、一度聴いたらまた聴きたい!と思うヴァイオリニストです。
ヴェルサイユやポンルヴォワなどで何度か伴奏させていただいたことがあるのですが、静かで礼儀正しい第一印象とステージでの熱いテンペラメントのギャップに度肝を抜かれたものでした!
弾かせていただくのが楽しみです♪(頑張ります _(. .)_ )