10番線の【幽霊】駅。

Croix rougeパリのメトロには【幽霊駅】というものがいくつかあると前に聞いたことがある。
昔よく利用していた10番線にも廃墟のような謎な駅があって、やはり10番線沿いに住んでいた友達とその話をしたのを憶えている。

この間メトロの10番線のMabillonとSèvres-Babylonの間に妖しいピンクのライトアップが施されているのに気がついたのだけど、今考えるとどうやらそれがあの幽霊駅だったんじゃないかと思うのだ。
ほんの6、7秒ぐらいで通過してしまうのだけど、とっても気になる!

(写真は車内の路線図。MabillonとSèvres-Babylonの間に妖しげな”X”とCroix-Rougeというピンクの文字が!!)

早速ネットで調べてみたら、確かにCroix-Rougeという駅はMabillonとSèvres-Babylonの間にあったけれど第2次世界大戦以来使われていないそうで、なんと!!あのピンクのイルミネーションは“Eros au secret”というビブリオテーク・ナショナル(BNF – 国立図書館)のエクスポジションにちなんでパリ市内の【幽霊駅】に設置されているものなのだそうだ。
…ということは、他の線にもありそう。
よく見えなかったけど、タイトルから想像できるようにHなテーマに基づくオブジェらしく、BNFのエクスポジションは16禁。3月2日までだそう。
このメトロのライトアップは1月15日までのイベントらしいので見たい人は急ぎましょう(笑)。

(↓窓が光ってよく撮れなかったけど…)