やっと…

やっと今年度の仕事がほぼ終了。疲れた〜、、、

日曜日にノルマルのピアノの試験でラヴェルのコンチェルトの伴奏をしたのだが、なんと審査員に恩師プリューデルマシェール先生が来ていた。
昔CNSMのPerfectionnementのコンチェルトのオーディションでP先生と勉強した曲。いつもレッスンで先生がサクッとカッコいい伴奏をつけてくれていたあの頃の事を思い出していた矢先だった。
エコール・ノルマルの試験でラヴェルのコンチェルトの伴奏といえばこの人!という超ベテランの日本人のピアニストがいるのだが、今回事情でキャンセルになったそう。それでそのクラスでアシスタントをしている友達から急遽私が「このコンチェルト弾いたことあるから」と頼まれて軽く引き受けてしまったものの、結構大変だった。
終楽章のバスーンのソロ以降が弾きにくくて、私は結局聴き慣れた音(ピアノ伴奏の譜面の方でなくて、管楽器のソロの音をメインにréductionしてしまった)で弾いたけど…今後この曲の伴奏をまたする事があるなら、1楽章のハープのソロも終楽章ももっとこだわって仕上げないと、、、
昔CNSMのオーディションの時に伴奏してくれたヤン・オリヴォー氏は色彩豊かなオーケストラみたいな素敵な伴奏をしてくれたのを今でも憶えている。あんな風に伴奏できるようになりたいなぁ…と思う反面、オケとこの曲を弾いたのが今となってはなんだか遠い蜃気楼のように思えてきてちょっと考え込む…。

1日はピッコロの試験。以前一緒に録音したコンバトPerf時代の同期の友達がピッコロのクラスを持っていて今年初めて試験で伴奏をさせてもらったのだが、間際に現代曲の課題やいろんな曲の楽譜がドサっと来たりしてハードだった。
ピッコロは音が高いので最初とても驚いたけど、(試験で審査員が耳を塞いでいたという噂も…。)ヴァイオリンの曲なども使えるし、ゲイリー・ショッカーやマイク・マワーといった作曲家の作品など、カッコいい曲がいっぱいある。また弾きたいなぁ♪

しかし、今年度、あっという間だったな〜( ̄▽ ̄;)
次はいよいよ、ずっと後回しにせざるを得なかったソロ…バカンスまでもうひと頑張りだ〜。。。