Vive les mariés!

ヴァージンロード♪結婚式で弾いてきました。
場所はパリの南西の郊外、リムールの近くの小さな町のきれいな教会でした。
ここ数日パリはお天気がぐずついていたのに、今日は見事に晴れてさわやかな結婚式日和。
フランス人の教会の結婚式は初めてだったのですが、感動してしまいました!


私の働いている学校の関係者の息子さんの結婚式だというので同じ職場のヴァイオリンの先生と私が頼まれたもので、「フィガロの結婚」の序曲や賛美歌やショパンのノクターン、シューベルトの「アヴェ・マリア」、チャイコフスキーの「眠れる森の美女」のワルツなどといったプログラムでした。
ところが、楽譜を受け取ったらひとつメロディとコードネームだけでピアノパートのない楽譜が…。
コードを見た時点でおえ…と思い、伴奏譜は手に入らないのか、録音はないのか、などと間に入った同僚に注文をつけたところ、「それは見つけるの難しいかもね〜…だってその曲、シューベルトを歌う新郎の友達が作曲したんだよ」という答えが返ってきたのでした。
新郎はアマチュアだけど歌を歌うそうで、以前ミュージカルに出演したこともあるのだそう。そのミュージカルを作曲&自らも出演したという新郎新婦の友人が、自作の曲を歌うことになっていたのでした。

その作曲者でミュージカルの歌手ジュリアンくんと初めて会ったのが今週の火曜日。コードネームが全然ダメなうえすっかりバカンスボケの私、頭が回りません。土曜日までに間に合うのか!?と慌てましたが、弾き語り(楽譜の調G♭だと弾きながら歌うのはキツいそうでハ長調で、、、)してアドヴァイスをしてくれたり、同僚の先生たちも助けてくれて、おかげでなんとか形にすることができました、ふぅ。みんなありがとう♪
なんか子供の頃聴き憶えの曲を弾いて遊んでいた感覚を思い出しました。即興とかコードとか、時間のある時に勉強しておかないと。
ちなみに伴奏科で学んだ事は大活躍。アヴェ・マリアはボーイソプラノ時代以来で楽譜の調だとちょっときついのだそうで、早速半音下げるよう移調を頼まれて。やっといてよかった、伴奏科!

メロディとコードだけの歌は彼らが作った « L’homme qui rit » (ヴィクトル・ユーゴーの「笑う男」)というミュージカルの中の曲で、結婚する2人へのメッセージとして友人達が歌詞をアレンジしたもの。
「2人はエコール・ソントラル(理工・エンジニア系名門グランゼコールのひとつ)で出会った…そして1年後友情は愛に変わり…」な〜んて感じです。
ちょっと字余りなところもあったけれど、ジュリアンくん聴かせるし、盛り上がって新婦も新郎のご両親も大泣きになっていました。

おめでとう!!

2人ともグランゼコール出身のエリート・カップル!

教会の結婚式って思ったほど堅苦しくないものでした。
神父さんは時々冗談も入れて楽しい雰囲気。話が長くなりそうになると「もっと話したいけど、みなさん眠ってしまうと思うのでこの辺で」などと切り上げて、退屈させずいい感じ。
おめかしした子供たちが式の間歩き回ったりしていましたが、指輪交換や献金の時にちゃんとお役目を果たし、新郎新婦と手をつないでお祈りもしていました。

誓いの言葉、ドラマとかでよく見るようなOui(はい)だけじゃなくて「はい、困難に遭遇しても一生ともに乗り越えていくことを誓います」みたいな感じで長いんですね。緊張したらかみそう、、、
指輪交換はちょっと手間取っていました。神父さんが言うにはいつもの事なんだそうです。教会に来る前に市役所の式の後軽くアルコールが入ってるので、指が膨張してるんだそうです。
あれ?そういえば誓いのキスってしたのかなぁ?

信者でない私も「神のご加護を」と新郎新婦や参列者の方々とビーズ(頬にキス)してきました。
新郎新婦の幸せだけでなく、このひとときを共有した人たちの幸せも祈るなんて、なんだか素敵ですね。
10年後も25年後も50年後も、またこの2人の幸せをみんなで祝福できることを祈ります、という言葉にじーんとしました。

教会の外で友人たちがゴスペルで祝福

ウェディング・ベル。
歓びが鐘の音にのって大空に飛び立つ!って感じがいいなぁ。
この教会では手動で、参列者が数本の綱を引いて鳴らしていました。

教会の外では友人たちがゴスペル « Oh Happy Day » で新しいカップルを祝福。
子供たちのしゃぼん玉がきらきら輝いていました。
なんか映画のワンシーンみたい…

末永くお幸せに!!

P.S.:
あと15年早くこういう光景を目に焼き付けておくべきだったかも( ̄▽ ̄;)

“Vive les mariés!” への2件の返信

  1. すてきな式だったのね~!!
    よいなぁ~!教会の結婚式☆(ウットリ。。)

    私たちも、次は・・・。(笑)

コメントは受け付けていません。