クレーマー。

10月になった途端、急に秋になった。
今年は夏が長かった。晴れの日が多いのは何よりもうれしい。ずっとこのままでいてくれたらいいのになどと夢を抱いたけれど、10月に入って急に日が短くなったので現実に引き戻された。
例年に比べて薄着でいられた時期が長かったけれど、さすがにもう素足は無理かなぁ。
でも、素足にサンダルの人はまだまだいる。この時期にパリでこんな薄着でいられるなんて、10年前には考えられなかった。地球温暖化、深刻かも?

新学期が始まって1か月、そろそろリズムが定着してきた。
このブログはwordpressで書いているのだけれど、しょっちゅうアップデートの通知がくるのが難点。面倒だったけれど、最低限のファイルだけバックアップをとってやっとアップデートを済ませてスッキリした。もしかしてどこか抜けていたりするのかもしれないけど、まぁいいや、その時はその時。

ところで、この夏私はクレーマーになっていた。
何に?って、今度はOrangeの携帯!

実は私はiPhone 3GSを新規の番号で購入してforfait bloqué(いちばん小さいプラン)に変更してその番号はほとんど使っていないのだが、以前その番号を使っていた人宛にSMSやメッセージがたくさん来て困っていたので番号を変えてもらおうとふと思い立った。
普段使っている方の携帯からOrangeのカスタマーサービス(っていうんだろうか?日本語で)に電話して変更を頼んだ。(メインで使っている番号の方は日本でいう無料通話がいっぱい余っていたのでそれを使ったまでなのだけど、今思うとそれは避けるべき事だったのだ。)
担当の女性は「それは迷惑ですよね。わかります。48時間後に新しい番号になりますのでお待ちください。」と愛想良く、てきぱきと受け付けてくれた。

それから2日。いつもの携帯で友達に何度か電話したが出てくれない。
出先から自宅の留守電を聞いてしばらくして家に戻って電話の着信履歴を見ていたら全然知らない番号があった。
もう一度自分のいつもの携帯から固定電話にかけてみた。
その知らない番号は私の携帯から通知されているものだった。

え。

メインの番号が変わっちゃった〜 ( ̄□ ̄lll)

すぐOrangeに電話して文句を言ったけれど、「一度変わってしまった番号は元に戻せないんです」と言われた。「何か誤解があったのでは」とまるで私の言い方に問題があったかのように言われたので「ちゃんと別の番号の方だと念を押したのに、オペレーターのミスです!!仕事で使ってるのに、夏休みが明けて連絡が取れなくなっていたら信用を失うじゃないですか!!」と激怒。仕事もそうだけど、実は番号フェチな私、その番号に愛着があったのでめちゃくちゃムカついた。
よくいう「上の人を出してください」みたいな事も口走っていた。私の苦情の電話を受けちゃった人、番号変更を受け付けた人じゃないのにかわいそ〜。。。
「無理なものは無理なんです。私だって何とかできるものならとっくに番号を元に戻す手続きをしていますよ。お気持ちはわかりますが、どうする事もできません。でももしかしたらもっと上のレヴェルでは何かできるかもしれないので手紙をお書きになってはどうでしょう?」と言われた。「今日は日曜日なのでまた明日かけてみてください」
早速苦情の手紙を書いてルーブルの本局まで行って書留で出してきた。工事で本局が移転していたというおまけつき( ̄▽ ̄;)

それから数日の間、何度Orangeに電話しただろう?かける度にまた最初から一部始終を説明しなければならなくてイライラした。
やっぱり言われる事は同じだった。1か月分の料金をお返ししますから許してくださいとも言われたけれど、そんな事より番号を返してほしいと食い下がった。手紙を送ったと言うと、苦情センターの方から連絡があるので待てと言われた。本当に連絡あるの!?もう不信感でいっぱい!
でも、それから数日後、苦情センターの人から電話がきた。やっぱり手紙は書いてみるもんだ。今までのカスタマーサービスで電話を受ける人とは応対の仕方が違って(「ただマニュアルにある事をする人」ではなく、「考えたり判断したりすることができる人」というような違いなんだけどこれって大きい。)、手応えがあった。

「通常は番号を変更したら元の番号には戻せないのですが、幸いまだあなたの前の番号は他の人に与えられていないし(当たり前だ!!ヾ(`Д´*)ノ)お客様には長年Orangeをご利用いただいていますし、技術の方で何とかできないか交渉してみます。もしどうしても無理な場合には、ご希望のようにあなたの番号に似た番号をお渡しできるよう(希望したのだw)努力します。」
手紙が受理されてからは、私がカスタマーサービスに電話すると受付のメッセージに「苦情の件についてのお問い合わせ」という選択肢が追加されて、直接苦情センターにつながるようになった。

結局2週間以上経って前の番号が戻ってきた。うれしかった(涙)
でも、番号は戻ってきたものの、携帯にかかってきた電話が留守電に転送されると携帯なのになぜか甲高いファックスの受信音が鳴るという変な現象が起きた。iPhoneのヴィジュアルヴォイスメールも機能しない。
無理やり番号を取り返したからいろいろ不具合が発生してしまったのだろうか?今度は手紙は書かなかったけれど、また文句を言うハメになった。
その問題は1度2、3日後に解決したけれど、月が変わったらいつの間にかまた同じことに…。
いい加減うんざりしながらもまた苦情。すっかり慣れてるけど。
2日後ぐらいにやっと留守電のファックス音はなくなったしヴィジュアルヴォイスメールも使えるようになったけれど、まだ何かヘン。以前使えていたモーニングコールなどの機能が使えない。
でも、さらに変な事になったらイヤなので、とりあえず様子をみている。。。

ふぅ〜。クレームつけるにもエネルギーがいるわ。
でも番号が返ってきたのに結局1か月分の料金も戻ってきた。泣き寝入りしなくてよかった!
ただちょっと気になるのは、私がカスタマーサービスに電話すると今でも「苦情の件についてのお問い合わせ」が出てくるんだけど…。
私、Orangeの常連クレーマーのリスト入りしたかも?

Orangeはフランステレコム系の携帯キャリアなのだが、最近フランステレコムの社員の自殺や自殺未遂が続出して問題になっている。
労働条件がよくないとか、社員にプレッシャーがかかる雇用システムだとかいろいろ言われているけれど、今回の件のオペレーターのミスなんかももしかして仕事がハードすぎて集中力がなくなっていたとかなんだろうか?
あの人、私のクレームが原因で減給とかされちゃったかなぁ…(汗)

“クレーマー。” への2件の返信

  1. 新学期早々凄い秋をお過ごしの事
    お察し致します。

    それにしても、さすがオートの達人。
    電話する度に何度もイチから説明された貴方の根性にも
    座布団5まい♪日本の風と友に献上させて下さい。

  2. > じゃじゃ馬さま
    座布団ありがとうw
    こちらは今夜冬時間になりますよん。
    そちらも寒くなってきましたか?
    芸術の秋、食の秋?満喫してくださいね♪

コメントは受け付けていません。