パリは狭い。

メトロの車内でiPhoneのゲームに熱中していたら、斜め向かいに座っていた50代後半ぐらいのムッシューに「すみません」と声をかけられた。iPhoneのゲームの事かと思って面倒くさいな〜などと思っていたら、「あなたもしかして前にInstitut hongrois(ハンガリー学院)でコンサートをした日本人のピアニストじゃありませんか?」と聞いてきた。

度肝。「は、はい。。。だいぶ前ですよね?」動揺してしどろもどろ!
そのムッシュー、「Kaoriっていうお名前じゃないですか?憶えてますよ!邪魔してすみませんでした。また聴きにいきますね!」と言いながらちょうど止まった駅で降りていった。
うっは〜〜〜〜〜〜!!!
パリって狭いんだなぁ。コンサートで誰が聴いているかわからないとはよく言うけれど、コンサートで聴いてくれた人とどこですれ違うかわからないのか…。
しかし、5〜6年は前(もっと前?)の事だろうに、憶えていてくれる人がいるなんて…。
びっくりしたし、iPhoneのゲームに熱中してたところを目撃されて恥ずかしかったのも確かだけど、うれしかった。
また聴きにいきますと言われても、すぐにはパリで弾く予定ないなぁ ( ̄▽ ̄;)

この数年、何のためにフランスに来たんだっけあたし?と自問しながら目先の事に追われてきた。
いいのかいいのか、こんなんで???

“パリは狭い。” への2件の返信

  1. なんか 今色々なコンサートあるからさ 
    何か新しい企画したらいいと思うよ そのおじさんにも聴いてもらいたいね
    マイク持ってアップルの社員顔負けの新製品&アプリのデモンストレーションを展開しつつピアノを弾く  
    ゲーム音楽とクラシックと融合させたり 新たな道が開けることよw(支離滅裂~~~)

  2. あはは!!アップルの回し者コンサートするって?
    某エレクトロアコースティックの作曲の友達はコンテンポラリーダンスやバスクのスポーツとコラボして道を切り開いてるし…これからの時代融合がキーワードかな!?
    ゲーム音楽だったら今はもっぱら平和なFarmville(知らないでしょ!inviteしてるんだよ、見てね!今日もせっせと畑耕してますわ)のテーマに決まりw

コメントは受け付けていません。