祝日。

祝日のシャンゼリゼ5月8日、水曜日はヨーロッパの終戦記念日で祝日だった。
木曜日に銀行に行ったら閉まっていた。
最近では終戦記念日のような祝日にはスーパーやブティックなどでは営業しているお店が増えた。
郵便局や銀行は閉まってはいるけれど、いくらフランスといえども水曜日から週末までポン(pont=橋、休日と休日の間の日も休みにしてしまう)にしちゃうなんて、うちの銀行働く気なさ過ぎ!!
…と思ったら、木曜日はAscension(昇天祭)というカトリックの祝日だった。
さすがに金曜日には営業していた。でも今日土曜日は閉店。
変動するカトリックの祝日には要注意。特にバカンス中は曜日の感覚もなくなっているので、、、

日本のGWのように連休ではないけれど、フランスでも5月は祝日の多い月。
1日がFête du travail(メーデー)、8日が終戦記念日、Ascension、そしてLundi de Pentecôte(聖霊降臨祭の振替休日)もたいてい5月の下旬から6月の上旬にある。Ascensionは今年は9日で終戦記念日と連休だったのだ。
今年はパリが含まれているCゾーンではこの4つの祝日のうち3つがバカンスの間に集中してしまった。
すっっっっごく損した気分(>_<)
まぁまだPentecôteがあるけど、それが終わったら夏休みまで祝日がない(泣)
しかも学年末で試験シーズン。覚悟を決めなきゃ、、、

余談だけど。
うちの近所のスーパー、Monoprix(モノプリ)も祝日でも20時まで(いつもは22時まで)営業していたけれど、24時まで開いているシャンゼリゼのMonoprixも22時までだったか開いていたので行ってみたら、地下の食料品売り場が改装されてがらんとしていてびっくり。Daily Monop’(コンビニみたいなバージョン)になったのだそうだ。

シャンゼリゼのモノプリの地下食料品売り場が、、、 お土産コーナーは充実。

観光客をターゲットにお土産のコーナーがあって、食べる物は三角サンドイッチや1食分のレンジでチンするようなものだけ。
お寿司やタイ料理などのお弁当みたいなものがずらりと並んでいたけれど、う〜ん、日本のコンビニ弁当とはかなり違うな〜、、、
家で料理するようなお肉や野菜、卵やチーズや牛乳といった類いの食材はきれいさっぱりなくなってしまった。
ここのモノプリは遅くまで営業しているので、夜遅くなる時にここの食料品売り場がすごく重宝していたんだけど。
まぁ、日常的な買い物をするロケーションではないって事ですね、、、
他のDaily Monop’ではパスタやお米、1人分のお肉や卵や野菜とかも置いてあったような気がするんだけど?
これから充実してくるかもしれないのでまた寄ってみよう。

“祝日。” への1件の返信

コメントは受け付けていません。