脱線事故5日前のツイート。

12日にパリ郊外Essonne(エソンヌ)県のBrétigny-sur-Orge(ブレティニー=スュール=オルジュ)駅でひどい脱線事故があった。通過するパリ発リモージュ行きの都市間高速列車が脱線、ホームに転倒して大破した。
乗客2名、駅の構内で郊外高速地下鉄RER-C線の電車を待っていたという4名の計6名が死亡。重体9人、負傷者60人。ポイントの部品の破損が原因だった。
ところで事故の5日前にこの駅で脱線事故が起きるとツイートした人がいたんだそうだ ((((;゚Д゚)))))))

これがそのツイート。(クリックで拡大)

問題のツイート

 

« いつも感じる ブレティニーに着く時電車が脱線するんじゃないかって »

détailler(詳しく述べる、とか小売りする)がdérailler(脱線する)の間違いなのは明らか。

なぁんだ。「脱線する」という予告ではなくて、「脱線するような気がする」というニュアンスだった。
いつもブレティニーの駅の構内に入る時に電車があまりにも揺れるので脱線するのでは!?という気がしていたのだそうだ。この事故の5日前の青年アドリアンのツイートは事故後1日で3000リツイートされ、「お前が犯人なんだな」などと脱線事故の仕掛人呼ばわりする人が出てきたり、それに反論してくれる人も登場したり。
彼に共感し、揺れが激しいのでいつか脱線事故が起きると思っていたと発言する人もかなりいたそうだ。

アドリアンがツイートした7月7日の午後、ちょうど私もプライヴェートコンサートでRER-C線のブレティニーの少し手前の駅Savigny-sur-Orgeに行ったところだった。
確かにあの辺りの駅は長距離の路線の電車と近郊の路線の電車、貨物列車など交通量が多く、線路もたくさんあって管理が大変そう。
TGVなどはともかく、国鉄では電車の車体や線路の部品などの老朽化が激しく問題になっているらしい。
このブレティニーのポイントで破損した部品と同じものがフランス国内5000か所で使われているんだとか Σ(゚д゚lll)
このポイントは7月4日に点検があったばかりだそうだけど、その前に工事を急かされていたというから仕事が雑になっていたのでは?

さらに恐ろしいのは、事故直後の混乱に紛れて乗客の荷物や負傷者の貴重品を盗む窃盗グループが存在したということ。
彼らには人間の心はないのだろうか?

事故で亡くなった方のご冥福をお祈りします。こんな事故があってはならないと思う。
そして、運命ってわからない、もっと毎日を大切に生きようとふと思った。
↑ この行を転載して回想されるような事が起きませんように ((((;゚Д゚)))))))