Orangeの携帯プリペイドカード。

Orange mobicarte holidayフランスに短期滞在。またはフランスに家族や友達が来る。さて、携帯どうしよう?
日本の携帯キャリアの国際ローミングにもパケット定額が適用されるようになったりして良心的になってきた。
とはいえ、日本の携帯しかないと、例えば友達と別行動の時や現地に住んでいる人との連絡などフランス国内での通話もデータやSMSも国際電話料金になる。それにフランスの携帯から日本の携帯にかけたりSMSを送ったりするとhors forfait(超過料金)になる。まぁ仕方ないといえばそれまでだけど、国内の通話やSMSがかけ放題送り放題当たり前のフランスで暮らす人にとっては痛い。
短期滞在にはやっぱり現地のプリペイド携帯やプリペイドSIMをおすすめする。
フランスは年間8300万人以上(Wikipedia 世界観光ランキング)の観光客を迎える世界第1位の観光大国。さすがに携帯のサービスにも観光客のニーズが反映されている。

↑ 画像のプリペイドカードはOrangeのmobicarte holiday(英語のページ)
フランスの携帯電話番号、フランス/ヨーロッパからフランス国内・世界中への通話が2時間分、1000 SMS、インターネット1GBが込みで39,99€。あちこちにあるOrangeのWiFiに無制限でアクセスできる。フランス国内でのOrange Map(地図/ナビ)も無制限。有効期限は2週間だけどリチャージできる。
長期滞在で着いたばかりの人にもおすすめ。プリペイドだからhors forfait(パックの超過料金)を心配せずに携帯を使えるので、外国からフランスに行く人に限らず、フランスに住む人がヨーロッパ諸国を旅行したり外国に電話したりする時にも活躍しそう。

OrangeのプリペイドSIM mobicarteだけの価格は1,90€(2014年8月)。SIMフリーの携帯やスマホ・iPhoneを持っていればプリペイドSIMを購入してチャージして使えるし、プリペイドSIMとスマホ/携帯のお得なセットもある。

チャージには4つのタイプがある。

  • les classiques クラシック

    recharges-classiques

    5€〜100€まで。通話・SMS/MMS、インターネットが使える。
    21時〜0時まで通話とSMS(国内のすべてのキャリア)が無制限。
    チャージの有効期限は6日〜1年(チャージの金額による)、チャージ終了後の番号の有効期限は1か月(5€のチャージのみ)/6か月。

  • les recharges max MAX

    recharges-max

    5€〜30€。5€のチャージはSMSのみ、10€〜30€のチャージは通話、SMSとMMSが24時間いつでも無制限。
    インターネットは5€のチャージ:20Mb 10€:100MB 20€:300MB 30€:1GB
    チャージの有効期限は5€と10€が1週間、20€と30€は1か月。チャージ終了後の番号の有効期限は1か月(5€のチャージのみ)/6か月。

  • les recharges internationales インターナショナル

    recharges-internationales

    5€と10€はマグレブ(アルジェリア・モロッコ・チュニジア)限定。
    15€のMondeは世界各国向けの通話が60分。フランス国内にはかけられないらしいので注意。
    チャージの有効期限は5€が2週間、他は1か月。チャージ終了後は1か月/6か月/6か月。

  • les recharges internet mobile インターネット(データ)

    recharges-internet

    データのみのチャージ。通話のチャージ(例えばクラシック)に追加しても使える。
    (データのチャージを使い切ったら通話の分から引かれる。)
    5€:150MB(1週間有効/チャージ終了後1か月)10€:500MB(2週間有効/チャージ終了後6か月)

  • もうひとつ、さきほどのmobicarte holiday のリチャージ。

  • la recharge holiday holiday (リチャージ)

    recharge-holiday

    20€でフランス国内やヨーロッパ諸国から世界中への通話1時間/500 SMS/インターネット(データ)500MB。
    Orange WiFiも無制限。

OrangeのプリペイドSIM mobicarteはOrangeのブティック(ショップ)や携帯電話店、または Orangeのプリペイドカード(契約なし)のページで購入できる。(パスポートや滞在許可証などの身分証明書やフランスでの住所や電話番号などが必要。)

チャージはオンラインの他、Orangeのブティック、カフェのたばこ売り場やスーパーのレジなどでも購入できる。

alcatel-one-touch-pop

↑ 友達がパリに来た時にmobicarteとセットで購入したスマホ Alcatel One Touch POP C1
日本語モジュールをインストールしたらメールやLINEは問題なく日本語で書けるようになった。
宿泊先のWiFiにも接続できてなかなか使い心地よさそうだった。