ポンピドゥセンターが40歳。

ポンピドゥセンターが40歳。パリの真ん中にある現代アート美術館、ポンピドゥセンターがオープン40周年を迎えた。
この週末、入場無料になってイベントが盛りだくさんだったらしい!
モダンアートの仮装パレードとかコンサート、子供のアトリエなどもあったそうだ。

ポンピドゥセンターは1969年に大統領で現代アートの擁護者だったジョルジュ・ポンピドゥが発案。
アンチ・エリート美術館をコンセプトとして、当時にしてはかなり奇抜だった設計は論争を巻き起こした。
ポンピドゥが在任中に亡くなって計画が流れそうになったのを、当時次期大統領ヴァレリー・ジスカール=デスタン政権の首相だったジャック・シラク元大統領が救ったのだそうだ。

ポンピドゥセンター パリ © Hervé Véronèse


pompidou

メッスやスペインのマラガにも分館ができた。行ってみたい!

ポンピドゥセンター・メッス ポンピドゥセンター・マラガ

情報源:
Week-end anniversaire – Centre Pompidou
Centre Pompidou : 40 ans d’histoires
Bienvenue | Centre Pompidou Metz
Página oficial del Centre Pompidou Málaga

シラクといえば、2006年にケ・ブランリー美術館を創立している。
こちらは現代アートの究極の反対、原始アートの美術館。昨年オープン10周年を記念に名前がケ・ブランリー=ジャック・シラク美術館という名前になった。

シラクにそっくりだとバズったトゥールーズのジョルジュ・ラビ美術館にあるお面。なんと日本の18世紀のものらしい。
昨年6月のケ・ブランリー美術館のシラク展のために貸し出された。

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】