ビューニュ。

Bugnes個人レッスンの生徒の家でこんなお菓子をいただいた。
リヨンの伝統的なお菓子でbugne(ビューニュ)という名前。
ちょっとチュロスみたいな揚げ菓子だけどもっとふわっとした感じ。なんか懐かしい味がした。
生地にレモンの皮を使っているという。粉砂糖をまぶしてあってほんのり甘い。飽きがこなくておいしかった😋

生徒のお父さんがリヨンの出身で、時々作るのだそう。
特にカーニバルの時期に食べるものらしい。
お母さんはリヨン出身ではなくてビューニュを知らなかったそうで、生地に切り込みを入れてくるっとひっくり返すのを手伝うぐらいしかしないから生地のレシピはよくわからないと言っていた。

フランスのクックパッドみたいなサイト、Marmitonにレシピがあった。
いつか作ってみたいかも 🙂