席まで運んでくれるマック。

注文・支払いのターミナルこちらのマクドナルドではこのborne(注文や支払いのターミナル)がだいぶ定着してきた。
最近このborneで注文して座席まで運んでもらえるように指定できる店舗が増えている。

割と最近できたPorte Maillotのマックに、注文する時に座りたい席のゾーンを指定しておいてレシートをテーブルに置いて待っていれば席まで店員が持ってきてくれるサービスがあった。
13区のこの店舗ではborneの横、画像のborneの右側に重ねて置いてあるディスクのようなもの(名前何ていうんだろう?)をひとつ取ってその番号をborneで登録しておくというやり方だった。
2階も広い店舗だけど、どこでも好きな席に座ってOKだった。

テーブルの上に置いて待つ。

番号が見えるようにしてディスクをテーブルの上に置いてみた。

裏側はこうなっていた。

裏返してみたり 笑

光った!来た〜!!

光ったと思ったら結構すぐトレイを持った店員さんがにこやかに到着。
2階の席に座ったのだが、席に着いてから4分ぐらい。思ったより速かった。

このサービス、”Service à table”というものでここ数年一部の店舗で実験的にサービスを行っていたらしい。日本にもあるのかな?
そういえば何年か前に韓国に行った時、カフェにこんな感じの機械で広告が表示されてもっと高機能そうなのがあった。待っている間広告をお楽しみください、てな感じ。届けてくれるわけではなくてそれが光ったら取りに行くためのものだったけれど。

ところでこのborne、注文してCBやVISA、Masterなどのカードで支払うのだが、店舗によってはここで注文だけしてレジで現金で払えるところもある。
アカウントにborneでログインして貯まったポイントでポテトやバーガーやドリンクなどをゲットできたり、アプリやネットで支払い手続きが済んでいる注文をここで呼び出したり、いろいろサービスが充実してきている。

こちらに初めて来た時、マックのカウンターでフランス語で注文するのにいちいちドキドキしていたものだったけれどあれはあれでいい勉強だった。
こういうborneが普及してそういうシーンももうなくなっていくのかと思うとちょっと淋しいかも…。