パンダの赤ちゃん誕生!

パンダの赤ちゃんが誕生!
(image : AFP)
パリにサッカーの大スターのネイマールJrがやってきてニュースになっているけれど、Beauval(ボーヴァル)でも大スターが誕生してメディアが沸き立っている。
昨日の夜、動物園で待望のパンダの赤ちゃんが生まれたのだ。
双子だったのだが、22時18分に生まれた最初の赤ちゃんは121g。体が弱く呼吸が困難だったそうで、残念ながら23時30分に亡くなってしまった😢
でも22時32分に142.4gで生まれた2匹目の赤ちゃん(♂)はとても元気で、哺乳瓶で授乳する時に暴れて大変だったほどだという。お母さんパンダのフアンフアン(歓歓)も健康だそうだけれど、子育ての経験がないので赤ちゃんは保育器に入れられたそうだ。

専門の獣医さんと看護師さんが中国から呼び寄せられて待機していた。
1頭目の赤ちゃんが弱い子だとわかるとお母さんパンダ、フアンフアンは諦めてしまったそうで、スタッフによりすぐ保育器に移されて体温を上げるためにドライヤーで温めたりしたけれど亡くなってしまった。
2頭目の赤ちゃんはいたって元気で、授乳も困難なほど力強く動くという。

ファーストレディのブリジット・マクロンが生まれた赤ちゃんパンダの名付け親を正式に引き受けた。
アメリカでパンダの赤ちゃんが生まれた時にはミシェル・オバマが名付け親になったそうだ。
名前は伝統的に中国のファーストレディが選ぶことになっているそうで、ミシェル・オバマと一緒に命名のセレモニーをしたという。

2012年、10年の契約で中国からフランスに貸与されたフアンフアンとユアンズィのカップル。
生まれた赤ちゃんパンダも3年後に中国に帰ってしまうのだそうで残念。
ボーヴァルに会いに行きたいな💕