EU圏内・スイスなどでローミングが廃止に。

EU圏内とスイスなどでローミングが廃止に。

EU圏内とスイスなどでローミングが廃止に。6月15日、EU諸国とスイス、イギリスなどの間で携帯のローミングチャージが廃止になった。これによってEU諸国やイギリス、スイスなどでも在住国のキャリアのforfait(プラン)の中で通話・SMSを送信できるようになった。
データは今のところまだキャリアやプランによるようだけど、私が契約しているOrangeのOpen Play FibreだとインターネットもEU圏内やスイス・イギリスでもフランスにいる時と同じ環境で使えるようになる😃
“EU圏内・スイスなどでローミングが廃止に。” の続きを読む

マクロンが大統領に就任。

就任後のデフィレ。

就任後のデフィレ。エマニュエル・マクロンが第5共和政第8代大統領に就任。フランスで史上最年少39歳の大統領となった。
凱旋門での無名の兵士へのオマージュの式典を終えてシャンゼリゼ大通りを降りてくる途中、4月20日にテロがあった場所で車を停めて黙礼。亡くなった警官グザヴィエ・ジュジュレにオマージュを捧げた。
“マクロンが大統領に就任。” の続きを読む

左派の予備選挙。

左派の予備選挙の1次投票。左派の予備選挙の1次投票が行われて、元教育相のブノワ・アモンが元首相のマニュエル・ヴァルスを抜いてトップで2次に進出した。
3位のアルノー・モンブールは来週の2次でアモンに投票するそうだ。
アモンが左派のリベラルな理想をダイナミックに打ち出したのに対してモンブールは大統領選を意識し過ぎたとも言われている。
ヴァルスはオランド現大統領の政治を続ける考え。アモンが掲げる最低賃金などの政策を実現不可能と批判しているけれど、国民はこの5年間オランドの政治に不満だったので変化を求めているのだろう。
“左派の予備選挙。” の続きを読む

TF1のお天気おばさん。

TF1の「お天気おばさん」カトリーヌ・ラボルドが引退1988年から28年間TF1の天気予報を放送してきたカトリーヌ・ラボルドが1月1日の放送を最後に引退したそうだ。
昨年65歳になった彼女。別に降ろされたわけではなく、「お天気おばあさん」になるよりも今去っていくことを自分の意志で選んだのだという。自分の放送を見て、若い世代に自分の席を譲る時期だと思ったとか…😅
“TF1のお天気おばさん。” の続きを読む

警戒下のノエル。

シャンゼリゼの歩道を警官が馬に乗ってパトロールノエル(クリスマス)の休暇に入ってあっという間に1週間が過ぎた。
先日のベルリンのテロの影響で警戒が厳しくなっていたものの、バカンス1週めはどこに行ってもノエルのための最後の買い物ラッシュで混雑していた。
24日はデパートやショッピングセンターだけでなく、教会の入り口でも荷物のチェックがあって警戒は最高レヴェル。91000人以上の警察官や銃を持った軍人や憲兵が動員されたという。
お店が早く閉まるので午後遅くならないうちにシャンゼリゼに行ってみたら、警官が歩道を馬でパトロールしていた😯
“警戒下のノエル。” の続きを読む

大気汚染で公共交通機関が無料に。

パリ近郊から見たパリ方面の空。下の方がグレー、、、パリの冬、11月や12月って曇りの日が多いのだが、このところお天気がいい日が続いている。
空が青いってやっぱり気持ちがいい!
しかしこういう時って決まって大気汚染が問題になる。
今週ニュースではもっぱらその話題。今、冬季では少なくとも過去10年で最悪レヴェルの汚染が発生しているのだそうだ。
画像はパリ近郊の音楽院の窓から見たパリの方向の空。下の方がグレーに淀んでいる、、、
私達はグレーのゾーンの中で生活しているということらしいΣ(゚д゚lll)
“大気汚染で公共交通機関が無料に。” の続きを読む

オランド大統領、出馬を断念。

F.Hollande (F.Florin / AFP)オランド大統領が2017年の大統領選挙への出馬を断念した。
第5共和政の大統領で次期の大統領選に立候補しないのは在職中に亡くなったジョルジュ・ポンピドゥ以外、オランドが初めてだという。
(photo : F.FLORIN / AFP)

“オランド大統領、出馬を断念。” の続きを読む