左派の予備選挙。

左派の予備選挙の1次投票。左派の予備選挙の1次投票が行われて、元教育相のブノワ・アモンが元首相のマニュエル・ヴァルスを抜いてトップで2次に進出した。
3位のアルノー・モンブールは来週の2次でアモンに投票するそうだ。
アモンが左派のリベラルな理想をダイナミックに打ち出したのに対してモンブールは大統領選を意識し過ぎたとも言われている。
ヴァルスはオランド現大統領の政治を続ける考え。アモンが掲げる最低賃金などの政策を実現不可能と批判しているけれど、国民はこの5年間オランドの政治に不満だったので変化を求めているのだろう。
“左派の予備選挙。”の続きを読む

オランド大統領、出馬を断念。

F.Hollande (F.Florin / AFP)オランド大統領が2017年の大統領選挙への出馬を断念した。
第5共和政の大統領で次期の大統領選に立候補しないのは在職中に亡くなったジョルジュ・ポンピドゥ以外、オランドが初めてだという。
(photo : F.FLORIN / AFP)

“オランド大統領、出馬を断念。”の続きを読む

サルコジが大統領に。

ニコラ・サルコジが53%を得て大統領に選ばれた事が午後8時に公式に発表された。
セゴレーヌ・ロワイヤルは47%を得票、サルコジを祝福しつつ、「私は皆さんと一緒に闘い続けます」と負けてもさわやかな笑顔だった。
 →選挙の結果(ル・モンド紙)

ところが。

早速、大都市やその周辺の地域でアンチ・サルコジの暴動が起きてる!!

“サルコジが大統領に。”の続きを読む

セゴ VS サルコ。

第1回投票の結果が即日開票されて、与党UMP(民主運動連合)のニコラ・サルコジ(31.11%)と社会党セゴレーヌ・ロワイヤル(25.84%)の決戦投票進出が決定。
中道派UDF(フランス民主連合)議長のフランソワ・バイルーは18.55%で3位、極右FN(国民戦線)のル・ペンは4位、10.55%とこれまで出馬した中で最低の得票率でした。
投票率は84.60%と歴史に残る高さを記録。有権者の関心が高まっています。
直接選挙だからこそなのでしょうけれど、日本では考えられない数字ですね。
小学校低学年の子供の間でも選挙の話が出るとか。子供がインタビューされてました。

“セゴ VS サルコ。”の続きを読む