ビューニュ。

Bugnes個人レッスンの生徒の家でこんなお菓子をいただいた。
リヨンの伝統的なお菓子でbugne(ビューニュ)という名前。
ちょっとチュロスみたいな揚げ菓子だけどもっとふわっとした感じ。なんか懐かしい味がした。
生地にレモンの皮を使っているという。粉砂糖をまぶしてあってほんのり甘い。飽きがこなくておいしかった😋
“ビューニュ。”の続きを読む

これいいです!海外向け炊飯器

海外に長期滞在するならやっぱり炊飯器はあると便利。

たまに日本に帰った時に食べるご飯がとてもおいしくてパリに戻ってくるとがっかりしていたのだが、以前買い替えたらこちらのお米でもふっくら炊きあがる(特にriz rond 丸いお米だと日本のご飯みたいにつやつやに炊ける)ので感激したものだった。

日本の炊飯器はどんどん進化しているし、そろそろ買い替えを検討してみたい。

“これいいです!海外向け炊飯器”の続きを読む

寒波がやってきた。

パリ14区からの空。フランスにも寒波がやってきた。
フランスの北東部では-12°Cとか!体感温度は-15°Cから-20°Cになるらしい。
地中海のコルシカ島でも異例の雪で学校が休校になったそう。
パリはキーンと冷え込んだけどいいお天気だった。
画像はパリの南14区の13階からの午後の空。
白い天文台の丸い屋根の向こう側にちょっとだけサクレクールが見えた。
風があるのでこの間のように大気汚染は騒がれていない様子だけど地上付近がグレー。
それでも青空がある方がやっぱり気持ちがいいけれど!
“寒波がやってきた。”の続きを読む

パリでとんかつ!

モンパルナスのとんかつとんぼ Tonkatsu-Tombo Paris Montparnasse新学期。
音楽院の生徒とのレッスン時間の打ち合わせなどが始まった。
まだ時間がある今のうちに、という感じで久々に女子会。モンパルナスに行った。
何か食べようという話になって、「最近妙にとんかつ食べたいんだよね、パリに日本みたいなとんかつ屋あるってこの間何かで見た気がするんだけど」と言ってみたら、「さっきそこにあったよ!」笑
あれってモンパルナスだったんだ!!
なんてタイムリー。即決!!

“パリでとんかつ!”の続きを読む

プロヴァン。

Remparts 城壁パリの南西77km、Gare de l’Est (パリ東駅)から電車で1時間半ほどのプロヴァン(Provins)という町に行った。
シャンパーニュの交易市で栄えた中世の都市。12世紀頃の建物の残る旧市街は2001年に世界遺産に指定されている。
画像はプロヴァンの城壁。
“プロヴァン。”の続きを読む

Umami Matcha Café

Umami Matcha Caféパリ3区、レピュブリック広場の近くに日本人の友達の知り合いが抹茶カフェをオープンしたというので行ってみた。
その名も « Umami Matcha Café » (うまみ抹茶カフェ)。
ニューヨーク風コーヒーショップと日本の出会いをパリで、というのがモットーらしい。
開店してまだ1週間ぐらいだったのに、お客さんがいっぱい!
“Umami Matcha Café”の続きを読む

バカンス明けのビストロ。

L'Ebauchoir Paris 12e パリ12区の人気ビストロ。夏のバカンスももう残すところ10日余りになってしまった(−_−;)
バカンスをとっていたレストランやカフェもそろそろまた営業を再開する頃。
久し振りに会った日本人の友達と行ったパリ12区、バスティーユとナシオンの間辺りにあるビストロ « L’Ebauchoir » も昨日がバカンス明けだったそうだけれど、お昼からいきなり大盛況。人気のお店らしく、バカンスが終わるのを心待ちにしていた常連さんたちで賑わっていた。
“バカンス明けのビストロ。”の続きを読む

フランスっぽいファーストフード。

Menu Casse croûte最近登場したフランスのマクドナルドの新しいメニュー(セット)、« Menu Casse croûte » (カッスクルート: 簡単な食事=サンドイッチって意味らしい)がかなりイケている。
画像は « Poulet poivre » (チキンペッパー)。
バゲットのプチ・パンにレタス、カリッと揚がったフライドチキン、ハッシュドポテトが挟んであって、こしょうのソースがたっぷり。ドリンクはMサイズのコカ・コーラ Zeroとlightから選べる。フライドポテトはないけどハッシュドポテトが入っているし結構食べ応えある。しっかりした紙の袋に入って出てくるので食べやすい。お持ち帰りにもよさそう。
お値段は4,50€。普通のセット(お店と種類によって値段がかなり違う。6〜7€ぐらい?)に比べて安いし、冷たいサンドイッチに4€払うことを考えるとお得感があるかも。
フライドポテトもないし、いわゆるハンバーガーでもないので「またジャンクフード食べちゃった、、、」というあの罪悪感のようなモノを覚える事もなく、病みつきになりそうな予感 ( ̄▽ ̄;)
他にスパイシーなビーフとソースの « Oriental » (オリエンタル)と、fromage blanc(日本語でフレッシュチーズ?)のソースを使っているというエメンタルチーズとハムの « Mixte » (ミックス)もある。
いずれもハッシュドポテトが2つ入っている。今度試そうっと♪
フランスでウケるメニューだと思う。期間について何も書いてなかったので定番になるのかな?
(詳しくはフランスのマクドナルドのサイトへ。)
“フランスっぽいファーストフード。”の続きを読む

パリで手打ちそば。

お正月ですね。今年はノエルの休暇が6日まででかなり助かった。
フランスのお正月は元旦だけ。ひどい年には2日から仕事再開になったりする。大晦日はたいてい年越しパーティで朝帰りなので新年からめちゃくちゃ疲れてる、ってな事になるのだが、おかげで今年はゆっくりできた。

昨日、素敵な日本食レストランに連れていってもらった。
パリ6区、サン=ジェルマン・デ・プレ教会近くの円(えん Yen)という手打ちそばのお店。
最初年越しそばを食べに行こうという話だったのだが、31日はお昼がお休みだったので年明けそばに変更した。
日本式の2階の席だったのだが、座席がゆったりしていて、落ち着いた雰囲気。
従業員は日本の方が多く、フランス人のサービスの人も丁寧で感じのいい応対だった。
最近パリに増えた怪しいえせ日本食レストランとは訳が違うw

“パリで手打ちそば。”の続きを読む

16区のサロン・ドゥ・テ、ラ・パティスリー・デ・レーヴ。

先日、友達に連れていってもらった、16区のシックな地区のrue de Longchampにある « La Pâtisserie des Rêves – ラ・パティスリー・デ・レーヴ » のサロン・ドゥ・テ。
パティスリーの本店は7区のRue du Bacだそうだけど、サロン・ドゥ・テは16区だけなのだそうだ。

この辺りは静かな住宅街ではあるけれど、ちょっとしたブティックやかわいい子供服のお店なんかがちょこちょこあってお散歩のしがいがある。
入り口が少し高くなっていて一見オフィスか何かかと思わせる建物で、気がつかずに通り過ぎてしまいそうなさりげない外観。よく見るとかわいいシューのロゴが♪

“16区のサロン・ドゥ・テ、ラ・パティスリー・デ・レーヴ。”の続きを読む

パックのバカンス。

こちらは先週から春休み。このところパリは初夏の陽気でとてもいいお天気。
先週はパリ近郊の友達のアパートで住み込みねこシッターをしてのんびり過ごした。
よりによってバカンスの時期にアイスランドの噴火があったのでヨーロッパの空の便はものすごいことになっていた。足止めを食らった人も多いだろうけど、パリも気持ちいいお天気なのでおうちでバカンスというのも悪くないのでは?

学校のコンサートや試験、コンクールの伴奏などが続いてさすがに疲れがたまってきていたのでこの休みの待ち遠しかったこと!私も見事にバカンスまでカウントダウンしながら生活するようになったもんだ。
2月〜3月のバカンスがついこの間だったような気もするけど、私はその間、今年もまたソウルに行って友達のリサイタルで伴奏してきたのであまりゆっくりできなかった。(まぁそれも半分バカンスみたいなものだったけど♪)
“パックのバカンス。”の続きを読む

丘の上の鉄板焼き屋さん。

鉄板Dining たいしょう庵もうひとつ一時帰国中のローカルな話題です。
先日友達と行った宇都宮の鉄板焼き屋さん、« 鉄板Dining たいしょう庵 »。
鉄板焼きというとちょっと油っぽくて煙たいイメージがあるかもしれませんが、ここは清潔で広くておしゃれ。さわやかにもんじゃやお好み焼きを堪能できました♪
“丘の上の鉄板焼き屋さん。”の続きを読む

隠れ家みたいなカフェ。

サカヤカフェ マルヨシ実家に帰ってくるとフットワークがかなり重くなる私ですが、今年はよっぽど疲れているのか、コンサートと法事が終わってから都内に出かける気力もなく地元にどっぷり浸かっています。

宇都宮といえば餃子を思い浮かべる人って多いでしょうね。でも宇都宮でおいしいのは餃子だけではありませんよ♪

写真は先日友達に連れていってもらった、郊外(?中心から遠いところ)の住宅地の一角にある《サカヤカフェマルヨシ》というイタリアン(だけなのかな?)のお店。古風な名前は、元は酒屋さんだったからだとか。
車じゃないと行きにくいかもしれませんが、地元の方、宇都宮でちょっと足を伸ばせる方、とってもおいしかったのでおすすめです。

“隠れ家みたいなカフェ。”の続きを読む