ポンピドゥセンターが40歳。

ポンピドゥセンターが40歳。パリの真ん中にある現代アート美術館、ポンピドゥセンターがオープン40周年を迎えた。
この週末、入場無料になってイベントが盛りだくさんだったらしい!
モダンアートの仮装パレードとかコンサート、子供のアトリエなどもあったそうだ。

“ポンピドゥセンターが40歳。”の続きを読む

ヴェルサイユ。

ヴェルサイユ太陽が帰ってきて急に夏になった。
つい数日前暖房をつけていたのに今では扇風機がフル稼働している!

久し振りに仕事でヴェルサイユのコンセルヴァトワールへ。伴奏科にも通っていたので懐かしい。
ヴェルサイユ宮殿の近くなのでパリ市内からはRERのC線でVersailles-Rive Gaucheに行くのが一番近いのだが、セーヌの増水の影響とグレーヴの間引き運転とで全然あてにならないのでメトロ9番線の終点 ポン・ドゥ・セーヴル Pont de Sèvres から171番のバスに乗った。
ヴェルサイユ宮殿に行くなら終点まで乗っていたら着くからとっても楽なのでおすすめ。
“ヴェルサイユ。”の続きを読む

Umami Matcha Café

Umami Matcha Caféパリ3区、レピュブリック広場の近くに日本人の友達の知り合いが抹茶カフェをオープンしたというので行ってみた。
その名も « Umami Matcha Café » (うまみ抹茶カフェ)。
ニューヨーク風コーヒーショップと日本の出会いをパリで、というのがモットーらしい。
開店してまだ1週間ぐらいだったのに、お客さんがいっぱい!
“Umami Matcha Café”の続きを読む

Navigoが全ゾーンに!

Passe Navigo前にも書いた(→ 新しくなったCarte Navigo。)パリのメトロやSNCFのパスNavigoの年間のパス、« Forfait Navigo Annuel »。毎年自動的に更新されるものだが、週末や祝日、学校のバカンスの期間には « dézonage » (デゾナージュ) が適用されてイル・ド・フランス中どこにでも行き放題になる。毎月や週ごとに駅の機械やカードリーダー(メトロの駅で買える)を使ってチャージする « Forfait Navigo Mois » や « Forfait Navigo Semaine » でも適用される。
とはいえこの夏のバカンスのデゾナージュは今日の23:59までなのでご注意を!
この « Forfait Navigo »、今度の9月1日からバカンスや週末でなくてもいつでも « toutes zones » (すべてのゾーン)になるという。RATPからメールでちゃんと料金改定のお知らせと新しい証明書が来ていたけれど、すべてのゾーンになるというのには友達から言われるまで気がついていなかった( ̄▽ ̄;)

“Navigoが全ゾーンに!”の続きを読む

Orangeの携帯プリペイドカード。

Orange mobicarte holidayフランスに短期滞在。またはフランスに家族や友達が来る。さて、携帯どうしよう?
日本の携帯キャリアの国際ローミングにもパケット定額が適用されるようになったりして良心的になってきた。
とはいえ、日本の携帯しかないと、例えば友達と別行動の時や現地に住んでいる人との連絡などフランス国内での通話もデータやSMSも国際電話料金になる。それにフランスの携帯から日本の携帯にかけたりSMSを送ったりするとhors forfait(超過料金)になる。まぁ仕方ないといえばそれまでだけど、国内の通話やSMSがかけ放題送り放題当たり前のフランスで暮らす人にとっては痛い。
短期滞在にはやっぱり現地のプリペイド携帯やプリペイドSIMをおすすめする。
フランスは年間8300万人以上(Wikipedia 世界観光ランキング)の観光客を迎える世界第1位の観光大国。さすがに携帯のサービスにも観光客のニーズが反映されている。
“Orangeの携帯プリペイドカード。”の続きを読む

ヴァンセンヌの動物園がリニューアルオープン。

ヴァンセンヌの動物園 熱帯の温室老朽化による工事のため2008年から6年間閉鎖していたパリ近郊のヴァンセンヌの動物園が « Parc Zoologique de Paris » (パリ動物公園)という名前になって4月12日にリニューアルオープンして話題になっている。
画像は注目の4000m²あるという巨大な熱帯の温室。動物達が自由に暮らす姿を間近に見られるそうだ。
でもリニューアルオープン当日、動物達は緊張したのか隠れてあまり出てこなかったのだとか ╮(•́ω•̀)╭
動物達が慣れるまでもう少し待った方がいいかも(笑)
“ヴァンセンヌの動物園がリニューアルオープン。”の続きを読む

グラン・パレのコンパレゾン。

グラン・パレ今年もグラン・パレでコンパレゾンの « ART EN CAPITAL » という大規模なサロンが開催されている。
フランス人はもちろん、様々な国の現代のアーティストの作品を堪能できる。
日本人アーティストグループのブースが素晴らしいのでぜひおすすめ!!
詳しくは こちらへどうぞ。

パリ15区にショッピングモールがオープン。

正面入り口セーヌ左岸のパリ15区に新しいショッピングモール « Beaugrenelle » (ボーグルネル)がオープンした。
70年代頃の高層マンションが建ち並ぶこの地域は日本人や韓国人にも人気。エッフェル塔からもそう遠くないので、観光客もターゲットになっているんだろう。
この辺りはずっと工事をしていたので何かできるんだろうぐらいに思っていたのだが、ユニクロとMujiこと無印良品が入っているというのでそれは行かなきゃ!!ということで早速出かけてみた。
“パリ15区にショッピングモールがオープン。”の続きを読む

バカンス明けのビストロ。

L'Ebauchoir Paris 12e パリ12区の人気ビストロ。夏のバカンスももう残すところ10日余りになってしまった(−_−;)
バカンスをとっていたレストランやカフェもそろそろまた営業を再開する頃。
久し振りに会った日本人の友達と行ったパリ12区、バスティーユとナシオンの間辺りにあるビストロ « L’Ebauchoir » も昨日がバカンス明けだったそうだけれど、お昼からいきなり大盛況。人気のお店らしく、バカンスが終わるのを心待ちにしていた常連さんたちで賑わっていた。
“バカンス明けのビストロ。”の続きを読む

パリでリゾート。

Paris Plage 2013今年もセーヌ河畔がビーチに変身した。
恒例の « Paris Plages » は2002年に始まったパリ市のイベントで、今年は12回目。
すっかり定着して、今や夏のパリの風物詩だ。
2007年からはヴィレットの貯水池もビーチになった。セーヌとはまた違う雰囲気なんだろうな。
今年はヴィレットにも行ってみたいけれど、とりあえず今日はセーヌへ。
夜8時半過ぎだったので日が傾いていたけれど、まだまだ人がたくさんまったりしていた。
河辺でピクニックする人たちも続々と到着していた。


“パリでリゾート。”の続きを読む

14 juillet 2013

IMG_35197月14日はFête nationale française(国の記念日)。
フランス革命の記念日なのだが、フランスではそうは言わない。« 14 juillet »(7月14日)が一般的。
日本ではパリ祭っていうけれど何でパリなんだろう?パリだけのお祭りじゃないんですが…?

Wikipediaに « フランスでは単に「Quatorze Juillet(7月14日)」と呼ばれ、「パリ祭」は日本だけの呼び名である。これは、映画『QUATORZE JUILLET』が邦題『巴里祭』として公開されヒットしたためで、邦題を考案したのは、この映画を輸入し配給した東和商事社長川喜多長政たちである。» という記述があった。
その映画って1933年のものらしい。洋画の邦題に味付けするのは昔からだったんだ。。。
しかし80年も前の訳をいまだに使っているって… ( ̄▽ ̄;)

14日の夜はセーヌの川辺で友達とピクニックをした。お天気もよくてとても気持ちがよかった。
“14 juillet 2013″の続きを読む

ベルシー公園。

Parc de Bercyさて、先週の日曜日の続きを。パリ12区、ベルシー・ヴィラージュ(Bercy Village)に隣接したベルシー公園をお散歩。
とにかく広くてきれいでいい雰囲気。どうしてこんな気持ちいい公園に今まで来なかったんだろうと思った。
まだ新しい感じだけど、Wikiによると1993年〜97年の頃に造られたとか?
先日も書いたように、’90年代前半の頃のミシュランの11番のパリ市内の地図ではこの辺りは工事中でな〜んにもないのだそう。(あの地図絶対探し出して見たい!)

“ベルシー公園。”の続きを読む

祝日。

祝日のシャンゼリゼ5月8日、水曜日はヨーロッパの終戦記念日で祝日だった。
木曜日に銀行に行ったら閉まっていた。
最近では終戦記念日のような祝日にはスーパーやブティックなどでは営業しているお店が増えた。
郵便局や銀行は閉まってはいるけれど、いくらフランスといえども水曜日から週末までポン(pont=橋、休日と休日の間の日も休みにしてしまう)にしちゃうなんて、うちの銀行働く気なさ過ぎ!!
…と思ったら、木曜日はAscension(昇天祭)というカトリックの祝日だった。
さすがに金曜日には営業していた。でも今日土曜日は閉店。
変動するカトリックの祝日には要注意。特にバカンス中は曜日の感覚もなくなっているので、、、
“祝日。”の続きを読む

Bercy Villageでブランチ。

Cour Saint-Émilionパリは先週から春休み。
今年の冬は長かったけれど、ようやく春になってきた。
久しぶりに友達と会うことになってどこか行きたい地区ある?と聞かれて、そういえばパリ12区のベルシー界隈にしばらく行っていないことに気づいた。じゃぁベルシーでブランチしよう!という事になった。

メトロ14番線の Cour Saint-Émilion (クール・サンテミリオン)駅を降りると、すぐ目の前にショッピングモールのベルシー・ヴィラージュ Bercy Village が現れる。
日曜日も開いているお店が多い。お天気もよかったのでバカンス中の日曜日でも賑わっていた。
“Bercy Villageでブランチ。”の続きを読む

フランスっぽいファーストフード。

Menu Casse croûte最近登場したフランスのマクドナルドの新しいメニュー(セット)、« Menu Casse croûte » (カッスクルート: 簡単な食事=サンドイッチって意味らしい)がかなりイケている。
画像は « Poulet poivre » (チキンペッパー)。
バゲットのプチ・パンにレタス、カリッと揚がったフライドチキン、ハッシュドポテトが挟んであって、こしょうのソースがたっぷり。ドリンクはMサイズのコカ・コーラ Zeroとlightから選べる。フライドポテトはないけどハッシュドポテトが入っているし結構食べ応えある。しっかりした紙の袋に入って出てくるので食べやすい。お持ち帰りにもよさそう。
お値段は4,50€。普通のセット(お店と種類によって値段がかなり違う。6〜7€ぐらい?)に比べて安いし、冷たいサンドイッチに4€払うことを考えるとお得感があるかも。
フライドポテトもないし、いわゆるハンバーガーでもないので「またジャンクフード食べちゃった、、、」というあの罪悪感のようなモノを覚える事もなく、病みつきになりそうな予感 ( ̄▽ ̄;)
他にスパイシーなビーフとソースの « Oriental » (オリエンタル)と、fromage blanc(日本語でフレッシュチーズ?)のソースを使っているというエメンタルチーズとハムの « Mixte » (ミックス)もある。
いずれもハッシュドポテトが2つ入っている。今度試そうっと♪
フランスでウケるメニューだと思う。期間について何も書いてなかったので定番になるのかな?
(詳しくはフランスのマクドナルドのサイトへ。)
“フランスっぽいファーストフード。”の続きを読む