ありがとう、ブルー。

リョリスとサーニャユーロが終わった。
フランスは決勝でポルトガルに1-0で敗退。
2年前のワールドカップのドイツ戦と同じくまた1点に泣いたフランス。遠い1点だった。
でも、よく頑張ったね。大会初日から最終日まで!
ブラヴォー、ブルー。
かけがえのない1か月をありがとう。
(画像: Orange/M6 Replayでのキャプチャ)
“ありがとう、ブルー。” の続きを読む

ユーロ2016。

エッフェル塔にサッカーボール。セーヌが溢れそうだった頃から気になっていたのだが、今エッフェル塔に大きなサッカーボールがぶら下がっている。
そう、ユーロ2016が始まったのだ。

パリではテロの警戒が強化されている。駅などには銃を持った迷彩色の軍人さんたちがいて物々しく、何かがあった時みたいな雰囲気。スタジアムの上空のドローン対策など空の警備も厳戒態勢だとテレビで報道していた。
そんな中、昨日の夜はエッフェル塔の前の広場Champs de mars(シャン・ドゥ・マルス)でユーロサッカーのオープニングスペシャルイベント、David Guetta デヴィッド(フランス語ではダヴィッドだけど)・ゲッタの無料コンサートがあった。7月14日の花火の前に国民的アイドル、ジョニー・アリデイがここでコンサートをやっていたけれど、今や世界的DJのデヴィッド・ゲッタ。エッフェル塔のふもとが巨大なクラブと化していた。
なんか時代が変わったな〜(^_^;)

“ユーロ2016。” の続きを読む

ローランギャロス。

Roland Garrosフランスの5月といえばカンヌ映画祭、そしてローランギャロス(全仏オープン)。
といってもこちらは学年末。学生だった頃は自分の試験に追われていたし今は生徒の試験やそのための合わせで忙しい時期で疲れていて結局テレビ観戦もあまりできないのだけど、、、
せっかく近くにいるんだからいつか観戦したいな〜:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

“ローランギャロス。” の続きを読む

そうだ プール、行こう。

Paris-Piscines パリ市公式アプリパリも夏らしい日が増えた気がする。やっぱり地球温暖化?
日本ほどは暑くはないし湿気も少ないけれど、冷房があまり普及していないので辛い。
そうだ プール、行こうw

パリにはあちこちに市営プールがある。
入場料はプールにもよるけれど、大抵のプールは3€ぐらい。10回の回数券は24€、3か月有効のパス(37€)もある。
失業者や低所得者には割引があったり、条件を満たしていれば無料になったりする。

画像はパリ市公式のiPhone用の市営プールのアプリ、Piscines – Paris.fr(無料)
現在地に近いプールの場所や開館状態、料金などが簡単に検索できる。
“そうだ プール、行こう。” の続きを読む

大気汚染。

毎日快晴!パリはこのところ快晴の日が続いている。
でも天気がいいと大気汚染がひどくなる。
(画像の青空の下の方の色が違うのが見えるだろうか?それでもこの数日でだいぶ改善されたそう。)
風がないので車のや工場の排出するガスなどに含まれる有害な物質が停滞しているのが原因とか。ジョギングなど外での運動は避けるようにとTVで何度も注意を促していた。
車を減らすため、この金曜日から日曜日までパリのメトロやRER、バス、トラムなどの公共交通機関が無料になった。
今日は車は奇数ナンバーだけ乗っていいという事になっていた。違反の車は罰金22€…だったかな?
“大気汚染。” の続きを読む

アプリで走る。

Nike+Runningでキャプチャしてみた。パリの11月って何度経験しても苦手(−_−;)
冬時間に切り替わって日没が早くなるうえ昼間がどんどん短くなって、寒くて雨がじとじと降ったり止んだり…。
でも今年は意識して運動するようにしているのでだいぶマシかもしれない。
公共のレンタル自転車 Vélib を使ったり、アクアジムをしたり泳いだり。
ジムに行けない時には最近このアプリ « Nike+ Running » を使って近所を走ることにしている。とても走っているとは大声では言えない距離だけど \(//∇//)\
(地図は一応モザイクかけてます。悪しからず、、、)

“アプリで走る。” の続きを読む

14 juillet 2013

IMG_35197月14日はFête nationale française(国の記念日)。
フランス革命の記念日なのだが、フランスではそうは言わない。« 14 juillet »(7月14日)が一般的。
日本ではパリ祭っていうけれど何でパリなんだろう?パリだけのお祭りじゃないんですが…?

Wikipediaに « フランスでは単に「Quatorze Juillet(7月14日)」と呼ばれ、「パリ祭」は日本だけの呼び名である。これは、映画『QUATORZE JUILLET』が邦題『巴里祭』として公開されヒットしたためで、邦題を考案したのは、この映画を輸入し配給した東和商事社長川喜多長政たちである。» という記述があった。
その映画って1933年のものらしい。洋画の邦題に味付けするのは昔からだったんだ。。。
しかし80年も前の訳をいまだに使っているって… ( ̄▽ ̄;)

14日の夜はセーヌの川辺で友達とピクニックをした。お天気もよくてとても気持ちがよかった。
“14 juillet 2013” の続きを読む