iOSでラジオをタイマー録音。

10月にヴァイオリンのトマくんの伴奏でハンブルクで録音したベートーヴェンのロマンスが放送されるという日に郊外での本番が重なってしまった。
ラジオの放送をタイマー録音できるアプリってないかなぁと探したら、あったあった!
“iOSでラジオをタイマー録音。”の続きを読む

WordPressのブログで雪を降らせる。

Wordpressのブログで雪を降らせる。WordPressのファビコンが突然昔のファビコンになってしまった。iPhoneやiPadの画面に保存するアイコンも。
Wordpressのアップデートがあって何かが変わったのかもしれない。
ブログの記事をSNSでシェアしようとすると記事に関係ないサイドバーの画像が大きく表示されるようになってしまったり、、、困った。
あちこちいじっていたら、偶然 WordPressのブログで雪を降らせる事ができるのに気がついた(・ω・)/
“WordPressのブログで雪を降らせる。”の続きを読む

プリペイドのモバイルルーター、OrangeのAirbox。

Orange Airbox最近気になっているOrangeのAirboxというルーター。
タブレットやPC、スマートフォンなど最大10のデバイスをWiFiで接続できる。
契約なし、プリペイドでチャージして使える。短期滞在の人、モバイルデータの使い過ぎ防止にも貢献しそう。
ヨーロッパ中で使えるチャージもあるし、Orangeでモバイルやインターネットを契約している人にはAirboxのオプションもある。
例えばヨーロッパの他の国に旅行する時などにこれを持って行けば快適なネット生活ができるのかぁ。
フランスやヨーロッパで使える、プリペイドのモバイルルーター。

フランスやヨーロッパで使える、プリペイドのモバイルルーター。

航空券のチェックインもスマートフォンでできる今、旅行や出張などで外国に行っても(というか、むしろ外国に行く時こそ?)インターネットは不可欠になった。
そして今や携帯の電話回線よりもスマートフォンやタブレットをWiFiにつなげる事の方が重要かも。
WiFiでネットに接続できれば高いローミング料金を払わなくてもどこでもiMessageやFacebookのMessengerなどでメッセージを送受信できるし、FaceTimeやMessengerなどで音声通話もビデオ通話もできるわけだし。

フランスは日本より公共スペースやカフェなどで無料のWiFiを見つけやすいとはいえ、やっぱり4Gのルーターがあったらもっと快適だと思う。
“フランスやヨーロッパで使える、プリペイドのモバイルルーター。”の続きを読む

iPhoneのSIMフリー化。

nekoatsume_20160427OrangeのOpen Fibre(インターネットと携帯が一緒になっているプラン)の機種変更で買ったiPhoneをSIMフリー化した。(フランスではSIMロックされたiPhoneも買ってから3か月以上経つとキャリアに申し込んでSIMフリー化できる。)
SIMフリー化の時にお知らせメールが来て指示の通りにリストアをした直後、ねこあつめが野球ボールだらけに (・・;)
今までにコツコツにぼしを貯めてゲットしたグッズが全部消えてしまったのかとショック!
…でも、しばらくしたら無事元どおりになっていた(* ̄∇ ̄)ノ
“iPhoneのSIMフリー化。”の続きを読む

iOS 8の日本語フォントが変。

iOS8の変なフォントiOS8を入れたiPhoneで日本語入力していて何か気持ち悪いと思ったら、フォントが変!
まぁ画像をクリックしてよく見てみてください。海外の「海」とか旅行の「旅」とか、「蚊」とか「課」とか。
「iOS8 フォントが変」でググってみたら、新しいフォントがきれいというページがヒットした。え…嘘でしょ( ̄□ ̄lll)「太字フォントが気持ち悪い」と言っている人もいたけれど。

あっ。わかった。
フランス語(英語)環境での日本語フォントが変なのだ。
“iOS 8の日本語フォントが変。”の続きを読む

iOS 8を入れてみた。

iOS8の壁紙先日発表になったiPhone 6が気になるところだけど、iOS 8が出たのでとりあえずインストールしてみた。
最初iPhoneの空き容量が足りなくてインストールできないと表示されたのでiPhoneの中身を大掃除。
思えば初代のiPhone(2007年)から7年。OSが進化して必要がなくなったのに入れっぱなしだったアプリも結構あった。
最近聴かない音楽や持ち歩いても観ないビデオや写真などを整理するいい機会にもなった。
壁紙を替えて、ちょっとiPhone 6な気分で新しいOSを探索ちう(* ̄∇ ̄)ノ
“iOS 8を入れてみた。”の続きを読む

Orangeの携帯プリペイドカード。

Orange mobicarte holidayフランスに短期滞在。またはフランスに家族や友達が来る。さて、携帯どうしよう?
日本の携帯キャリアの国際ローミングにもパケット定額が適用されるようになったりして良心的になってきた。
とはいえ、日本の携帯しかないと、例えば友達と別行動の時や現地に住んでいる人との連絡などフランス国内での通話もデータやSMSも国際電話料金になる。それにフランスの携帯から日本の携帯にかけたりSMSを送ったりするとhors forfait(超過料金)になる。まぁ仕方ないといえばそれまでだけど、国内の通話やSMSがかけ放題送り放題当たり前のフランスで暮らす人にとっては痛い。
短期滞在にはやっぱり現地のプリペイド携帯やプリペイドSIMをおすすめする。
フランスは年間8300万人以上(Wikipedia 世界観光ランキング)の観光客を迎える世界第1位の観光大国。さすがに携帯のサービスにも観光客のニーズが反映されている。
“Orangeの携帯プリペイドカード。”の続きを読む

OrangeのFemtocell。

femtocell-orangeフランスでは全国の99%以上のエリアで携帯の3Gネットワークがカバーされていて4Gのネットワークもどんどん拡大している…というのがキャリア側の謳い文句。
しかしその一方でどこのキャリアの電波も弱かったり時々しかキャッチできないというグレーゾーンが存在する。
パリ近郊の地上階のアパートに住んでいる友人は携帯もネットもOrangeなので Open というプランにしているのだが、彼女の家の辺りはなぜか携帯電波の孤島で4Gなんてとんでもない。Edgeになったり圏外になったりでSMSもなかなか届かないし、音が途切れたりして通話もままならない。
窓際や台所やお風呂場に移動してみたり、庭に出てみたり、いろいろ工夫しているのだがダメ。結局誰かから携帯にかかってくると固定電話でかけ直す生活を強いられている。
そんな問題を抱えているOrange/Soshの携帯ユーザーに朗報!
画像のOrange Femtocell(フェムトセル)という携帯の電波のミニアンテナのような役割を果たすものを自宅のインターネット(光ファイバー/ケーブル/ADSL)のBoxにつなぐと3Gをキャッチできるようになる。
“OrangeのFemtocell。”の続きを読む

パリでiPhoneを盗られたら。

policeパリのメトロでは日本語でも「スリにご注意ください。貴重品や携帯電話などの管理には十分気をつけてください。」といったアナウンスが頻繁に流れている。
iPhoneやスマートフォンが普及しているパリだけど、いまだに携帯の盗難がとても多い。
乗客の大半が(時間帯や地域によるかもだけど6〜7割ぐらい?)iPhoneやスマホをいじっている(SMSやゲーム、特にCandy Crushをしている人が増えたと思っているのは私だけではないはずw)のでそんなに狙われないような気がしてしまうけれど、やっぱり油断は禁物。隙のある人を狙っている悪者がウヨウヨしている。特にiPhoneはターゲットになりやすい。
“パリでiPhoneを盗られたら。”の続きを読む

iOS 7.0.5のアップデートをしたら…。

リカバリーモード!?よせばいいのに、外出先でwifi経由でiPhoneのiOS 7.0.5のアップデートをしたら、電源が切れて入らなくなった。
電源ボタンとメニューボタンを同時に長押ししても(普通これで大抵の問題は解決するんだけど)うんともすんとも言わない (TдT)
幸いiPadはアップデートしていなかったのでググってみたら、フランスのiPhone関係の掲示板に私とまったく同じ状況の人の書き込みが。Appleに聞いたら交換してくれるんじゃないんですかね?なんて返事があったけど、アップデートがバグってどういう事よヾ(`Д´*)ノ
アップデートに見せかけて実はウィルスだったのか!?などとパラノな考えが頭をよぎった。
しかし、よく見たらこのアップデートは中国のネットワークに関するバグの修正だったらしい。
アップデートする必要なかったのかも? てか、アップデートしてはいけなかったのかも…?
でも、じゃぁ何でアップデートのお知らせが来るんだ!?むかっ。
“iOS 7.0.5のアップデートをしたら…。”の続きを読む

Livebox PlayとOpen Fibre。

Livebox Play2月の初め頃に登場したOrangeのLivebox Play。
上がLiveboxで下がTVのデコーダー。(この写真ではデコーダーにDVDやBDのプレイヤーっぽいスロットがついているけどオプション?標準ではスロットがない。)
Playという名から想像できると思うけれど、従来のLiveboxのインターネットとIP電話(国内、海外主要諸国かけ放題)とTVにゲームのサービスが加わったもの。リモコンにはジョイスティックがついていて、裏側にAZERTYのキーボードがあるので便利。(ジョイスティックには最初バグがあったけれど、liveboxのバージョンをアップデートしたら無事解決した。)

“Livebox PlayとOpen Fibre。”の続きを読む

価格戦争の仕掛人、Free mobileが1周年。

operateurs昨年1月10日にサービスを開始したFree mobileが1周年を迎えた。
Freeは挑発好き。インターネットの時もそうだったのだが、Freeが携帯部門に進出してそれまでの4分の1の破格の料金を提示したのがきっかけになって、フランスでは携帯電話の料金の価格崩壊が起こった。
Free mobileが料金を発表するとSosh、Red、B&Youなど、契約なしの「ローコスト」ブランドの料金が値下げになり、他のオペレーターもどんどん競争して安くなったのだ。

2013年1月現在、Freeは月額2€で通話2時間、SMS無制限というプランから。高いプランでもFree、Red、B&Youが月額*19,99€(*1€=118円ぐらい?「,」はフランスでは小数点、コンマではないです)、SoshのH+(HSPA) が月額24,90€で国内(外)の通話・SMS・MMSが無制限、インターネット・メール・IP通話(・テザリング)などが3GBという太っ腹なサービスぶりだ。

こういったローコストなオペレーターではユーザーサポートがすべてオンライン、メールやチャット、掲示板などで行われている(Free mobileは国内に数か所ショップもオープンしたけれど)。一方、本家のOrange、SFR、Bouyguesといったオペレーターでは、あちこちにショップがあって直接足を運んだり、電話のサポートを受けたりする事ができて、プランにはもともとテレビや音楽、携帯の保険などのサービスが含まれていたり、ポイントで新しい携帯を買いやすくなったり。毎年新しいiPhoneが新規契約の値段で買えるという特典つきのものもある。
自分で何とかするからシンプルで安い方がいいか、ちょっとぐらい高くても快適なサービスを受けたいか、という事なのだろう。通話やSMS、インターネットなど携帯としてのサービスの内容そのものはローコストブランドでも本家とそれほど変わらないのはすごい事だと思う。
でも本家のオペレーターでもこの1年でだいぶ月額の料金設定が安くなってより快適なサービスが受けられるようになった。まさにFreeのおかげ。Free様サマだw
でもそのFree mobile、いろいろ問題があるようだ。

“価格戦争の仕掛人、Free mobileが1周年。”の続きを読む