トラムT6。

試験の伴奏でヴェルサイユのコンセルヴァトワールの分室へ。
RER-Cの最寄駅 Porchefontaine に行く電車がなかったのでRATPのアプリやGoogleで検索した結果、いつもと違うルートで行く事に。
徒歩でも行けたけれど、1駅トラムT6に乗った。前から乗ってみたかったので😆
パリのトラムみたいな路上の駅を想像していたら、ゴージャスな地下の駅でびっくり。まるで大きなメトロの駅みたい✨

“トラムT6。” の続きを読む

モリエールの月。

6月はヴェルサイユの « Mois Molière » (モリエールの月)。
演劇やコンサートなどのイヴェントが目白押しのフェスティヴァル月間。
ヴェルサイユのコンセルヴァトワールの最終課程の試験 Prix de Perfectionnementもフェスティヴァルの一環で行われている。

“モリエールの月。” の続きを読む

トゥールでピアノカルテット。

Opéra de Tours

Opéra de Tours昨日(5月27日)トゥールのオペラのオーケストラのメンバーとピアノカルテット(四重奏)のコンサートだった。
「ロシアへの旅」というテーマで、プログラムはチャイコフスキー、ショスタコーヴィッチのチェロやヴァイオリンとピアノのための小品と、アルフレッド・シュニトケとアントン・ルービンシュタインのピアノカルテット。
面白いプログラムだったけれど、このコンサート、別の意味で一生忘れられないコンサートになるだろう。
1曲めのチェロのマリーズとのチャイコフスキーのノクチュルヌが終わって舞台裏に戻る時、マリーズが滑ってチェロをドアにぶつけて楽器が割れてしまうという大アクシデントがあったので😱😱😱
“トゥールでピアノカルテット。” の続きを読む

24時間営業のFranprix。

24時間営業のFranprix

24時間営業のFranprixフランスの5月は祝日が多い。
1日がメーデー(労働祭)、8日は第二次世界大戦のフランスの終戦記念日、今年は10日の木曜日がAscension(昇天祭)、さらに21日がPentecôte(聖霊降臨祭)の月曜日。
最近はスーパーやデパート、ショッピングモールなどはこういう祝日でも営業するようになったけれど、メーデーはさすがに休業したり早く閉めてしまう。他の休日や日曜日に営業している15区のMonoprix(モノプリ)も普段より早く閉店してしまった。
そういえばこの間近所のFranprix(フランプリ)が24時間営業になったとか。半信半疑で行ってみたら開いていた。
“24時間営業のFranprix。” の続きを読む

実は、、、

オリアをやっと獣医さんのところに連れていったら、男の子だという事が確認された😭
獣医さんの一言でオレオ(Oreo)という名前になった。
なんとなく疑っていたのだが、、、早く気づいてよかった😓
そう言われてみれば男の子の顔かもね😜

“実は、、、” の続きを読む

噂の食パン屋さん!

Carré

Carréパリ4区、マレ地区に昨年11月にオープンした、日本のしっとりした食パンがおいしいと噂の食パン屋さん “Carré Pain de mie”(キャレ・パン・ドゥ・ミ)。
お店がオープンして間もない頃、知人が早速行ってふわふわのパンをお裾分けしてくれて感動したのだが、やっと私もお店に行ってきた😃

“噂の食パン屋さん!” の続きを読む