ジヴェルニーの春。

日本風の橋と藤

藤の花を見たくて、またジヴェルニーのモネの家に行ってきた!
サン=ラザール駅からルーアン行きのIntercitéで45分。
庭には夏に行った時とはまた違った色とりどりの花が咲いていて賑やかだった。
お目当ての藤は、紫色の花はこの間の寒波で傷んでしまったのだそうでちょっと残念だったけど、橋の上に白い藤(ってあるんだ!)の蕾がたくさんあってこれから開花するとの事だった。

(画像をクリックで拡大)

リラの花(かな?) 牡丹 ツツジ? 色々な色のパンジー 色々なピンクのチューリップ。 フリンジのあるチューリップも。 ピンクのチューリップと水色の小さな花達。 新緑が眩しい🌱竹と小川も爽やか。

池のほとりの藤棚。
睡蓮はまだ咲いていなかった。
色とりどりの木々が水面に映る。
睡蓮の花はまだだったけれど色とりどりの木々が綺麗だった。つがいの鴨も💕
メンテナンスの小舟も係員のシャツも橋と同じ色!
水辺の花達。
夏に来た時とはまた違う表情。
アーチは薔薇?まだだった。

藤がもっと満開な時や薔薇が綺麗な季節にもまた行きたい❣️
ゴッホの家も遠くないそうなので、今度は一緒に回れたらいいな。

夏に行った時の記事もどうぞ☺️ ↓