外出禁止のパリ。

車も人も消えた大通り。
コロナウィルス Covid-19の対策で外出禁止になって10日が過ぎた。
車も人も通りから消えた。(人間よりポケモンの方が多いかも😂)
スーパーや薬局、ランドリー、タバコ屋など以外のお店は全て閉まっている。
外出を自粛するように、とマクロンがテレビで呼びかけた途端、公園がものすごい人混みになったこの国では罰金を取るしか方法はないみたいだ、、、

ストの時にあんなにすし詰め状態だった2両編成のバスが空っぽ!!
運転席のところにテープが張られていて、乗客との距離が確保されている。

最低限の生活必需品の買い物やジョギングなどの健康維持のためのアクティビティ、犬の散歩などのための1時間以内の外出は認められているけれど、外出する時には規定の外出証明書をダウンロード、プリントして必要事項を記入して持ち歩いていないと警察の尋問で135€の罰金を取られる。
プリントできない人はいちいち手書きで証明書を書かなければいけない。*
プリンターを持っていない人は大変!最初の数日はプリンターがものすごく売れたらしい。
*追記: 外出証明書はこの間から携帯で記入してQRコードにして持ち歩けるようになった。でもこれを使うと政府に個人情報をトラッキングされるという噂も!?)

外出する時には証明書(これは古いバージョン)を記入。
警察!外出証明書を持っていないと罰金135€😨
近所の小さな薬局の張り紙。
入店は一度に2人まで、外で距離を開けて並んでください、パラセタモールはお一人様2箱まで、ジェルやマスクや体温計はありません、といった断り書き。
スーパーの入り口の前でも前の人と1m以上の距離を保っての行列。

毎晩8時にはアパートのバルコンに出て、患者の治療に前線で闘っている看護士や医師、感染の危険に晒される中働いている人々への感謝の拍手を贈るのが習慣になった。
ついでにこうして歌を歌ったり楽器を演奏したりする人も。マルセイエーズを吹くフルーティストに、一緒に歌うご近所さん達。また明日ね!と挨拶を交わし、部屋に戻っていく。明日も元気で頑張って家にいよう!

いい季節になってきたのに外に出られないのは辛いけれど、実は個人的には結構この状態、なかなか楽しんでいる方かもしれない😎ねこ達とずっと一緒にいられるし😻
重い腰を上げて始めたテレワーク(FaceTime/Skype/WhatsAppでのレッスン)も、戸惑いつつもなんだかんだで新鮮。
これでいいピアノと広いキッチン、もっとスペースがあったらな〜😩