パリ郊外のハロウィン。

仮装した子供達。

アペリティフブローニュに住むポーランド人の友人の誕生日のソワレにおよばれ。
DIY好きな彼らの家に行くと毎回何かが必ず変わっているので面白い。
9月に彼女の家に行った時には寝室の壁全面にクロゼットを設置したところだった。今度は椅子やソファの布を自分で素敵な色の布に張り替えていた。
私たちの他に誰が呼ばれているのか聞いていなかったのだが、まだ到着していなかった。
“パリ郊外のハロウィン。” の続きを読む

パンダの赤ちゃん誕生!

パンダの赤ちゃんが誕生!
(image : AFP)
パリにサッカーの大スターのネイマールJrがやってきてニュースになっているけれど、Beauval(ボーヴァル)でも大スターが誕生してメディアが沸き立っている。
昨日の夜、動物園で待望のパンダの赤ちゃんが生まれたのだ。
双子だったのだが、22時18分に生まれた最初の赤ちゃんは121g。体が弱く呼吸が困難だったそうで、残念ながら23時30分に亡くなってしまった😢
でも22時32分に142.4gで生まれた2匹目の赤ちゃん(♂)はとても元気で、哺乳瓶で授乳する時に暴れて大変だったほどだという。お母さんパンダのフアンフアン(歓歓)も健康だそうだけれど、子育ての経験がないので赤ちゃんは保育器に入れられたそうだ。
“パンダの赤ちゃん誕生!” の続きを読む

エッフェル塔の花火。

エッフェル塔の花火 2017

Feux d'artifice 14 juillet7月14日。
花火を見に行くのを躊躇していたけれど、音が聞こえてきてから思い立ってミラを連れてセーヌ川の方へ行った。
思ったよりも人が集まっていた。
エッフェル塔からちょっと遠かったので花火自体はよく見えなかったけれど、、、
“エッフェル塔の花火。” の続きを読む

講習会から帰って。

帰りのTGVで見た一面の菜の花。

帰りのTGVで見た一面の菜の花。
帰りのTGVで見た一面の菜の花。
講習会から帰ってきて、また日常に戻った。
今年は音楽院の試験が例年より2週間ぐらい早いというのに、私が先週いなかったので生徒たちは案の定悲惨な事態になっていた。バカンスに続いて1週間の穴は大きかった。
この現実から逃避するわけではないけれど、目を閉じるとまだHourtinの風景や風や音楽が感じられるような気がするから不思議。
写真やビデオがまだまだあるので少しずつでもアップしておこうと思う。

“講習会から帰って。” の続きを読む

ミラが元気に。

ミラが元気に。

ミラが元気になった。ミラのコルレット(エリザベスカラー)がやっと取れた!
手術が大変だったので延長していた抗生物質も終わり。手術の時に剃ったお腹の毛も少しずつ生えてきた☺️
すっかり元気になってりるーと思い切り追いかけっこできるようになった。
そういえばフランスでは日本でいう鬼ごっこをする(動詞)ことを “jouer à chat” (ねこごっこをする 笑)という😆
鬼(= ねこ)がタッチする時に「Chat(シャ)!」って言うんだそう 😻
鬼だと怖くて頑張って逃げるけど、ねこになるんだったら悪い気しないから逃げられないかも😽
“ミラが元気に。” の続きを読む

ミラが王子様。

今日2月22日は日本ではねこの日😺😺😺

先日ミラ(ミロに改名すると言いつつ結局ミラと呼んでしまう、、、)がとうとう避妊去勢手術を受けてコルレット(エリザベスカラー)を着けている。
ただでさえ不器用なミラ。コルレットに邪魔されてヒゲが使えないせいか完全にバランスを失っているようでとっても挙動がヘン。
突然すっくと後ろ足で立ち上がって直立不動になったり、後ろ向きに歩いたり、かと思えば頭を下げてあらぬ方向を虚ろな目で見つめてフリーズしたり😦
ネコ型ロボットとか宇宙から来た生き物ってこんな感じ?👽👾
“ミラが王子様。” の続きを読む

フェットの時期が終わって…

捨てられたサパンたち。2017年になって1週間が過ぎて、ようやく普通の生活に戻った。
週末クリスマスツリーを片づける家が多かったようで、街角にサパン(もみの木)がごっそり捨てられていた。
毎年、この捨てられたサパンを見ると胸が痛む。すごくエコロジーに反している気がするんだけど。
“フェットの時期が終わって…” の続きを読む