24時間営業のFranprix。

24時間営業のFranprix

24時間営業のFranprixフランスの5月は祝日が多い。
1日がメーデー(労働祭)、8日は第二次世界大戦のフランスの終戦記念日、今年は10日の木曜日がAscension(昇天祭)、さらに21日がPentecôte(聖霊降臨祭)の月曜日。
最近はスーパーやデパート、ショッピングモールなどはこういう祝日でも営業するようになったけれど、メーデーはさすがに休業したり早く閉めてしまう。他の休日や日曜日に営業している15区のMonoprix(モノプリ)も普段より早く閉店してしまった。
そういえばこの間近所のFranprix(フランプリ)が24時間営業になったとか。半信半疑で行ってみたら開いていた。
“24時間営業のFranprix。” の続きを読む

噂の食パン屋さん!

Carré

Carréパリ4区、マレ地区に昨年11月にオープンした、日本のしっとりした食パンがおいしいと噂の食パン屋さん “Carré Pain de mie”(キャレ・パン・ドゥ・ミ)。
お店がオープンして間もない頃、知人が早速行ってふわふわのパンをお裾分けしてくれて感動したのだが、やっと私もお店に行ってきた😃

“噂の食パン屋さん!” の続きを読む

進化したVélib’(ヴェリブ)。

進化したVélib'

進化したVélib'すっかり定着したパリ市のレンタサイクル、Vélib’(ヴェリブ)が2007年のサービスの開始から10年を経てリニューアル。Vélib’ métropole(ヴェリブ・メトロポール)という名前になって1月1日にサービスがスタートした。
天気が良くなかったのでなかなか試せなかったけれど、昨日やっと乗れた!
“進化したVélib’(ヴェリブ)。” の続きを読む

ボーグルネルの聖歌隊。

ボーグルネルに聖歌隊。

ボーグルネルに聖歌隊。今年はフランスの学校はノエルのバカンスが23日の土曜日の夜からだった。渋滞や混雑を避けて木曜日当たりからさっさと帰省してしまう生徒もいたけれど、20日、22日、23日と生徒のオーディション(発表会)が続いてバカンス直前まで息の抜けないハードなスケジュールだった💦
他に可能な日が全くなくなったので23日の夜、音楽院のオーディションの後に急遽ヴァイオリンの伴奏で録画、26日に合わせをする事になったので、今年のノエルは結局田舎に行くのは中止、、、
“ボーグルネルの聖歌隊。” の続きを読む

これいいです!海外向け炊飯器

海外に長期滞在するならやっぱり炊飯器はあると便利。

たまに日本に帰った時に食べるご飯がとてもおいしくてパリに戻ってくるとがっかりしていたのだが、以前買い替えたらこちらのお米でもふっくら炊きあがる(特にriz rond 丸いお米だと日本のご飯みたいにつやつやに炊ける)ので感激したものだった。

日本の炊飯器はどんどん進化しているし、そろそろ買い替えを検討してみたい。

“これいいです!海外向け炊飯器” の続きを読む

パリ郊外のハロウィン。

仮装した子供達。

アペリティフブローニュに住むポーランド人の友人の誕生日のソワレにおよばれ。
DIY好きな彼らの家に行くと毎回何かが必ず変わっているので面白い。
9月に彼女の家に行った時には寝室の壁全面にクロゼットを設置したところだった。今度は椅子やソファの布を自分で素敵な色の布に張り替えていた。
私たちの他に誰が呼ばれているのか聞いていなかったのだが、まだ到着していなかった。
“パリ郊外のハロウィン。” の続きを読む

海外で日本国内向けのコンテンツを観る。

「この映像は日本国内のみ視聴可能です」海外にいると、インターネットで日本のビデオニュースや映像などを観ようとしても「この映像は日本国内のみ視聴可能です」と表示されて再生できない事がある。
やっぱり日本は遠い、、、などと思っていたけれど、VPN接続をすれば意外と簡単に観られるようになるのでメモ。
“海外で日本国内向けのコンテンツを観る。” の続きを読む